世界は魔法で満ちている イクサ魔法学院 World Story Series 世界は魔法で満ちている イクサ魔法学院 World Story Series

shape shape

世界には「魔法」が満ちている。 世界には「魔法」が満ちている。

期待と夢で胸いっぱいなあなた達が向かうのは、
魔法使いを育てる学校「イクサ魔法学院」。
新入生も、上級生も、講師も学院関係者も。
毎日がお祭り騒ぎのこの学院で、
どんな日々を過ごすのでしょうか。
真面目に勉強するもよし、
空飛ぶレースに熱中してもよし。
魔法生物の研究をするのか、誰も見たことのない
魔法理論を発見するのか……?

全てはあなた達の「やりたいこと」次第です。
──だって、ここはイクサ魔法学院。
あなた達の夢が叶う場所なんですから!

イクサ魔法学院とは イクサ魔法学院とは

イクサ魔法学院は
WEBとリアルで体験する
ロールプレイングゲームです。
「もし、魔法が使えたら?」をキーワードに
創造された世界観を元に、
オリジナルキャラクターを作成し、
そのキャラクターになりきって
(ロールプレイ)
コミュニケーションを
楽しむことができます。

イクサ魔法学院では、
いわゆるコンシューマーゲームと異なり、
ストーリーや主人公は
用意されていません。
誰もが主人公であり、
あなたが学院でとった
”行動”や”経験した体験”が
そのままストーリーとなります。
一期一会で発生する
予測不能なストーリーと、
ここでしか触れ合うことのできない
キャラクターたちとのコミュニケーションを
是非お楽しみください。

アルバレス フルーラ

無料資料集配布中

今から始める方でも安心!
無料の設定資料集です
※ダウンロードはBoothへのログインが必要です

もっと見る 

各種サポート 各種サポート

ガイドライン・各種サポートコンテンツです。
ゲームプレイにお役立てください。

魔道具 魔道具

イクサ世界には、多くの魔道具が流通しています。
ここではそんな魔道具の、ほんの一部を紹介します。

More
ヒュム

よくあるご質問 よくあるご質問

ゲームについてのよくあるご質問です

キャラクターメイクについて

A.

いいえ、できません。

種族は遺伝するものではなく、突然変異で生まれます。
人間の夫婦から火の種族が生まれることもあれば、土と水の種族の夫婦から風の種族が生まれることもあります。
その為、『ハーフ』という概念はありません。

A.

いいえ。

種族特長に反したり、他の種族特長に触れるような姿を設定することはできません。
たとえ、アクセサリーであっても、種族を偽るような、紛らわしい装飾品もNGとなっていますのでご注意ください。

火の種族:角
水の種族:ウロコ
土の種族:宝石または鉱石
風の種族:長い耳

■NG例

×【火の種族】「角」と爬虫類のような「尻尾」を持っている

種族特長以外の身体的な特徴を設定することはできません。

×【土の種族】「角のような」「鉱石」が額から生えている

「角」は火の種族の特徴です。酷似した設定はNGとなります。

A.

いいえ、できません。

種族特長は保持されるべきものとされ、何らかの損傷を受けた際には、魔法学院の生徒・関係者は専門医により治療魔法が施されます。
入学前に受けた傷・欠損であっても、入学前には必ず治療を受け、万全の状態で学院にやってきます。

A.

はい、可能です。

寮の属性はあくまでその種族が多い傾向があるだけで、土の種族が水の寮に入ることもあります。

A.

はい。可能です。

種族を問わず、特定の属性魔法に特化した(または特定の属性魔法しか使えない)ような設定は自由に創作頂けます。
ただし、魔法の授業はすべての属性を網羅するように行われるため、勉学の面では、非常に苦労するかもしれません。
先生の小言や、補習授業に悩まされることも・・・。
それらをロールプレイとして楽しめる方のみ、自由に設定ください。

A.

使い魔を持つ事は可能です。
ただし、使い魔をキャラクターとして登録することはできません。
キャラクター設定に盛り込んだり、ロール中、NPCとして登場させたりすることができます。
また、使い魔は、『召還者本人の力を超える事は原則ありません』

A.

はい。可能です。

人格ごとにそれぞれキャラクター登録を行い、備考欄に「同一人物の別人格」であることを明記ください。

なお、人格によって「得意な魔法」「得意な科目」が異なるなどの特徴を持たせることは可能です。
ただし、種族を偽ることはできませんのでご注意ください。

※もう一つの人格であるキャラクターを登録する際は、以下の項目を主人格であるキャラクターと同一にしてください。

「種族」「性別」「年齢」「学年」「寮」

たとえ思い込みで主人格とは異なる設定を主張したとしても、上記の項目については、学院に登録されている正しい情報を記載してください。
(20.05.08 追記)

A.

いいえ、できません。

教師は運営メンバーによって、公式キャラクターとして演じられます。

代わりに、用務員やコック、講師などの、学院関係者を演じることができます。

A.

はい。歓迎しています!

勉強についてアドバイスをもらった事がある、
寮の部屋が近い、
落とし物を届けたことがある、
密かに憧れている、
同級生でクラスが一緒・・・等々、
自由に設定して、話題の一つとして利用してください。

ただし、「実は兄弟である」「許嫁であり、卒業後結婚する」などキャラクターの根幹にかかわるような設定はご遠慮ください。
「これは大丈夫かな?」というアイディアがあれば、お気軽にお問い合わせ ください。

A.

それが、ロールプレイ上にのみ現れるような、モブキャラクターであれば可能です。
ただし、以下のことにご注意ください。

  • 1. 他キャラクター(公式キャラクター含む)を勝手に悪役にしない、必ず許可をとる

  • 2. 他キャラクターと共有している設定に対して「悪役」という設定を勝手に付け加えない
    例えば、「風の寮からバッシングを受け続けており、迫害されている」と記載してしまうと、風の寮に所属している他キャラクター全体に影響が出てしまいます。
    自身の設定に置いて、不特定多数を巻き込むような設定はご遠慮ください。

  • 3. 過度な暴力的表現、性的描写、心理的に負荷をかける描写は、不特定多数の目が触れるコンテンツではお控えください。
    レーティングはゴールデンタイムのアニメ程度です。
    詳細な暴力的表現、性的描写、その他、人に不快感を与える可能性のある記載や表現は、不特定多数の目が触れるコンテンツではお控え下さい。
    (どうしてもという場合には、ロム不可・ログ消去ルーム※をご利用ください)
    ※イクサ魔法学院では、ロム不可ルームは、終了後のログ販売に含まれません

A.

生活に支障のない範囲でお願いいたします。

たとえば、「全身が鉱石またはウロコで覆われている」といった設定はNGとなります。
また、各種族、すべて人間がベースであり、特徴はもっているものの、それ以外は現代で生きる私達と変わりありません。

ユニークな特徴は歓迎しておりますが、上記から逸脱しないよう、ご注意ください。

A.

はい。含まれます。

世界観について

A.

イクサ魔法学院の世界では、電力は存在しませんが、文明レベルは現代社会と同様です。
現代社会に存在する、スマートフォンをはじめとする電子機器は「魔道具」として存在します。
プレイ中、もし、齟齬が発生した場合には、生まれ育った国や地域によって、差が生じているとお考えいただければと思います。

A.

いいえ、ありません。

皆等しく生まれる可能性があり、(1つの家庭に全種族がそろっている可能性もあります)
また、特徴や適性を持って生まれるものの、ベースはすべて人間です。
そのため、種族・人種の違いという認識があまりなく、名称は存在しません。
「水の種族」「水の子」など、みんな好き勝手に呼んでいるようです。

A.

はい、存在します。

学院の外には様々な魔法生物が存在します。
中には非常に珍しいとされるものもいれば、危険な魔法生物もいます。
悪魔や妖精なども存在しますが、身近な存在ではないようです。

A.

今のところ、組織だった敵は存在しませんが、学院の外には危険な魔法生物が存在します。
これら、学院の脅威になりそうなキャラクターは、NPCとして運営メンバーが演じる予定です。
プレイヤーの皆様は、NPCとして「世界観の根幹に関わるような敵(例:ドラゴン種族など)」を演じることはできません。
予めご注意ください。

※プレイヤー主催のイベントに登場するモブエネミー(例:ショコラゴーレムなど)は自由に演じていただいて構いません。

A.

はい。存在します。

高名な魔法使いを輩出している家や、非常に長い歴史を持つ家だったり、その内容は様々です。
また、イクサ魔法学院は様々な国から生徒を迎え入れているため出身国での身分が高くとも、学院での知名度はそれほど高くない場合もあるようです。

魔法について

A.

はい。存在します。

他者に与える影響が大きい程、難易度は高くなります。(1年生不可)
また、それらの状況を引き起こす魔法薬なども存在しますが、いずれも高価で珍しいもののようです。
なお、ロールプレイの一環として、他プレイヤーのキャラクターに行う場合には必ず許可をとるようにしてください。
術や薬の効果を押し付けることはできません。

A.

死者蘇生は一切禁止しています。
そのほかにも禁止魔法が発生しましたら、随時アナウンスさせていただきます。
20.05.06 現在

ゲームの進行について

A.

はい、歓迎しています!

「●●●という素材をとってきてくれないか」
「西の空き家に誰かが住み着いているらしい。正体を探ってくれないか」
など、プレイヤー発信のクエストやイベントは自由に発行・主催していただいて構いません。

ただし、内容によっては、運営側の判断で、中止をお願いする可能性もございます。
※世界観から著しく逸脱していたり、禁止事項に抵触している場合など

不安な場合には、お問合せ窓口 までご相談ください。

A.

はい、行われることがあります。

それは模擬戦闘だったり、生徒同士のトラブルを解決するための決闘だったりします。
万が一、魔法学院が脅威に脅かされた場合には、生徒を含め、学院関係者全員で立ち向かうこともあるでしょう。

A.

はい、ございます。

中には、魔法技師などの専門職を目指す生徒もいることでしょう。
授業に関しては、世界観に逸脱しないものであれば自由に設定いただくことができます。
是非、ご自身のキャラクターが得意だろうな、興味があるだろうな、という授業を創造してみてください!

A.

他キャラクターに影響のない範囲であれば、自由に取得することが出来ます。

他キャラクターに関する情報や、アイテムは、対象のキャラクターに必ず許可をとる必要があります。
また、学院全体に影響を及ぼすような情報やアイテムの創造は必ずお問合せ窓口 までご相談ください。

A.

はい。あります。

1年生でも留年する可能性はありますが、知識や実力が、新1年生を越える場合には「課金」が必要となりますのでご注意ください。
※イクサ魔法学院では、2年生以上をでプレイする場合「課金」が必要となります。
(一期、二期終了時にアンケートにご回答いただいたプレイヤー様には1学年分進級用コードをお渡ししています。)

A.

飛び級は通常、技量や知識などを総合的にみて最もふさわしい学年へと送られます。

しかし、中には裏道(賄賂など)から飛び級する者もいるようです。

その他

A.

プレイヤーとして受け付けられないことは、それぞれあるかと思います。

イクサ魔法学院では、キャラクター名簿に、設定詳細という項目がございます。

こちらに『※以下はPL情報です』などと明記していただき、その上でログインすることの多い時間帯や、事前に伝えておきたいことなどをPLとしてご記入ください。

※他プレイヤーのプレイスタイルに対する批判につながらないよう注意し、端的に記入してください。

A.

同時にキャラクターを操作し、複数の施設で同時で遊ぶ「2窓・多窓」行為は一律禁止しています。

自身のキャラクター同士であっても、同時に遊ぶことはできませんのでご注意ください。

A.

万が一、まったく同じ(一部単語が差し替えられている程度の酷似も含みます)文章を、明らかに無断で盗用されているようなときは、お問い合わせにご報告ください。
ただし、有効なのは本人からの報告に限ります。

※第三者から見て盗用に思えても、当事者同士が了承済みの場合もあるため、それ以外の「似ているようで気になる」ものにつきましては、次の開発部からの見解を参照ください。

【ロール・設定などの類似問題に関する開発部の見解】
A.

一般的に知れ渡っている固有名詞であれば可能です。

例えば、ゴブリンやトロール、ピクシーやユニコーンなど、複数の作品に登場し、一般的にも知られているものであれば生物に限らず利用することが出来ます。
(アイテムであれば、賢者の石など)
ただし、著作権で守られているものに関しては一切禁止させていただきます。
固有名詞に限らず、魔法の詠唱や、歌詞などにも適用されますのでご注意ください。

A.

イクサ魔法学院では、世界観を反映した創作物や、公式キャラクターのファンアートを歓迎しています!
SNSヘ投稿する際は、ハッシュタグ「#イクサ魔法学院」を添えて頂けると幸いです。
なお、他プレイヤーのキャラクターは必ず事前に許可をとってからご投稿ください。
プレイ開始後は、名簿の「創作サイン」で許可されているキャラクターのみ投稿することが出来ます。

A.

■自分のキャラクターの行動や未来は、プレイヤー自身のみが決定できる
自分のキャラクターの行動や未来は、プレイヤー自身のみが決定できます。
たとえ他プレイヤーから身に覚えのない描写をされた(ログに残った)としても、それに従う必要はありません。
もし、身に覚えのない描写について問いかけられたとしても、「知らない・身に覚えがない」といった対応で問題ありません。
ただし、ロールバトル(ダイスを使用しないバトルシーン)など、相手の行動をある程度描写しないといけない場合はその限りではありません。
十分に相手に配慮し、お互いにとって楽しいと思えるゲームになるよう心がけましょう。

■同意のない他プレイヤーのキャラクター描写NG
同意なく他プレイヤーのキャラクターを描写するのは御遠慮ください。
※公式キャラクターを含みます
ゲームが佳境にはいり、多くのキャラクターが自身のEDに向かっています。
EDを向かうにあたり、入室していないキャラクターに関わる描写(とあるシーンを別途自分のキャラクター視点で行うなど)を行うことが多々あるかと思います。
こういった場合には、必ず本人に連絡を取り、同意をとってから行ってください。
連絡を取る際には以下の3点を参考にしてみてください。

・どのような目的で
・どういった描写を行い
・相手のキャラクターにどのような影響を与えるか

困ったことがあれば、お気軽にお問い合わせ窓口までお寄せください。 プレイヤー間のトラブルの場合は、ご本人からの連絡をお待ちしています。

A.

■過去のシーンOK(半日程度までを推奨)
現在の時間からみて、過去のシーンをロールすることが出来ます。
おおよそ半日程度の誤差に留めると混乱がありません。
例)夜の時間帯に、昼の授業シーンを行う
時間帯の指定は最初に入室したプレイヤー(先入り)に決定権があります。
後から入室したプレイヤー(後入り)は、設定された時間帯に従うようにしましょう。
先入りしたプレイヤーは誰かが後入りした際には、時間帯の設定を伝えるようにするとスムーズです。

■半日以上前はパス設定など、関係者のみで行う工夫を
半日以上前のシーンをロールする場合には混乱を避けるため、パスワード設定などを利用し、関係者のみが入室できるようなチャットルームで行ってください。

■未来のシーンは全員の同意+パス設定 必須
未来のシーンをロールする場合には、入室者全員に同意を得る必要があります。
また、関係者外を巻き込まないよう、パスワード設定が必須となります。(またはフォロワー以外入室禁止、ロム不可、自宅エリアなどの同等の設定)
この場合、同意をとっていないプレイヤーのキャラクターの行動を描写しないよう、十分注意してください。

■関係者外のキャラクターに影響を及ば差ないよう十分注意すること
シーンの内容によって、関係者外のキャラクターに影響を及ぼさないよう十分注意しておこなってください。
未来のシーンを行う場合は、事前に目的やシチュエーションを参加者に共有しておくとスムーズです。

世界物語シリーズ 世界物語シリーズ

世界物語シリーズとは
Webと生身を使って体験する
没入体験イベントです。
現在シリーズ2作目まで展開しております。

  • 終局世界物語

    20XX年。世界はあと●日で終局を迎える。
    終局が決定された世界で、
    アナタは何をして生きるのか──。

    開催期間:2020/1/10〜2/1

  • 終天世界物語
    クサ魔法学院

    世界は魔法で満ちている。
    言葉を交わそう。
    それがきっと、一番始めの魔法だから。

    開催期間:
    第1期:2020/6/15〜7/31
    第1.5期:2020/9/21
    第2期:2020/10/10〜11/7
    第2.5期:2020/12/19〜12/20 23:59
    第3期:2021/1/15~2/28 23:59

Online Shop Online Shop

Boothにて、公式グッズ、資料集など
販売中!

オンラインショップはこちら

MATH-GAME MATH-GAME

私達MATH-GAMEは、LARPという“遊び”を通じて、
「まだ出会ったことのないあなた達」との出会いを
心から期待し、喜び、楽しむための団体です。

Webと生身を使って体験する
没入体験イベントを企画、運営しています。

公式サイトはこちら

お問い合わせ お問い合わせ